ガス料金を見直してみよう

  • ガス料金の比較をした人が少なかった理由

    • 2016年4月に始まった電力自由化の際は、メディアでも話題として多く取り上げられ、実際に電力会社を乗り換えた人も多数いました。

      その後、1年遅れでガス自由化も始まりましたが、電力自由化の時ほどガス料金を比較して乗り換えようとした人はおらず、あまり関心がないというのが率直な印象だったといえるでしょう。


      電気料金に比べてガス料金の比較をした人が少なかった理由として考えられるのが、家庭の電力のほとんどを電気が占めているからです。

      新しいガス料金の比較についての詳細な情報を知りたいならおオススメのサイトです。

      ガスはせいぜいお風呂を沸かすくらいのもので、年間を通してそれほど高いわけではないことから、比較する手間を思うとガス料金はこのままでいいと考えた人が多かったことは、推測に難くありません。



      電力に比べると、ガスは専門知識を持つガス会社にしておくのが安心という気持ちもあり、新規参入事業者に乗り換えることに不安を感じた人も多かったことが、電力自由化ほど活発にならなかった一番の理由でしょう。
      地元から供給されるのが最も安心というのは、これまでずっと長年そうやってガスを使ってきたからで、いきなり考え方を変えるのは難しかったといえます。
      仮にガス料金を比較したとしても、ガス会社を全国から探し、どこの地域がもっとも安いかを調べるということもほとんどなかったのではないでしょうか。

      ここでも、遠くからガスを供給されることに対しての不安が大きかったといえます。



      乗り換えのケースで割と多かったのが電力会社で、電気とガスをセットにしてお得にするプランならまだ安心と考えた人が多かったことが分かります。

top